お気軽にお問い合わせ下さい 03-6268-9590 定休日祝日 平日:10:00~22:00 土日:10:00~19:00 最終受付は各一時間前まで

ネット予約 現在の空き状況はこちら アクセス 地図印刷はこちら

■適応症

肩こり・腰痛・頭痛・冷え性・ひざの痛み・だるさ・足の疲れ・むくみ・姿勢改善・猫背・O脚・X脚・骨盤矯正・筋肉のハリ・ストレス解消・眼精疲労・血行促進・足の疲れ・筋肉のやわらげ・デトックス・老廃物・発汗・リラックス効果

■よくご来店頂く患者様のお住まい地域

»詳しくはこちら

症例報告

飯田橋整体院TOP» 症例報告

部位別症状案内

【症例】季節の変わり目のぎっくり腰(40代女性)

【症例】季節の変わり目のぎっくり腰(40代女性)


起床時に腰に違和感があり。
仕事中にだんだんとその違和感がつよくなっていった。
午後には立つのもしんどくなったので、早退してしまいました。
過去何度か、ぎっくり腰は経験していて、季節の変わり目になると起こしやすい気がします。


<初診時の症状>

①腰が痛くて前かがみが出来ず、立ったまま靴下やズボンを履く事が困難

②仰向けで寝れない

③長時間座った後、立ち上がれない

<施術後の経過>

初診時は、うつ伏せも仰向けも辛そうでしたので、座位(座った状態)で腰の筋肉を緩め、
少し緩み、少し動かしやすくなったところで、うつ伏せになって頂き、腰に関連する、背中・臀部・大腿部の筋肉の
緊張を緩和させ、また座位になって頂き、腰を徐々に深く緩めていきました。
炎症が強かったので、腰部をアイシングしながら、一つの姿勢は短時間にして施術を行いました。
最後にテーピングを施して、痛んだ筋肉をサポートさせました。

施術後、前屈(前かがみ)は、いらした時よりはスムーズに行う事が出来たようでした。
歩くことはほぼ問題なく出来る状態に回復しました。

2回目来院時では、大分痛みが軽減していたようでしたが、
まだ、前屈などは怖く、立ったまま靴下は履けない、という状態でした。
初診時同様、まずは腰部とそれに関連する筋肉を緩めました。
炎症が大分治まっている様子が診れましたので、腰部以外の歪みを調整して、
腰に負担をかけているバランスの悪さ、可動性の悪さを調整しました。
施術後には、ほぼ痛みはとれたようでした。
ご本人も今日はやっとゆっくりと眠れそうと言われてました。

3回目来院時は、腰に違和感は残っているが、痛みはないということでしたので、
緊張している筋肉を深部まで緩め、腰や骨盤の歪みを調整し、全身のバランスを整えました。
関節の可動域も広がり、初めに来院した時に比べ大分楽になったとの事でした。

<担当者のコメント>

この患者さんは、背骨のバランスが悪く、日常的に腰には負担がかかっている状態でした。
そして、長年の座り仕事のせいか、骨盤が後傾し、開いてしまい、
腰椎の前彎が消失(通常腰は前彎と言って前側に曲がっていなければいけない)していることで、
腰の筋肉が常に緊張している状態だったと考えられます。
そして秋から冬にかけて急に冷え込んできたこともあり、自律神経のバランスが崩れ、
筋肉の質も悪くなり、ぎっくり腰を引き起してしまったと考えます。

初診時、痛みが強い状態で寝返りもままならない為、無理に歪みの矯正等を行うと更に炎症が強まる可能性も考慮し、
施術を行っていきました。
数回の施術で痛みが大分改善された為、歪みと可動性が減少している腰椎・左右の骨盤・股関節・背骨などバランスを整え、
ぎっくり腰を繰り返しているということでしたので、再発しないようにしていきました。

どんなにバランスの取れた腰でも、腰だけ曲げて重い荷物を持ったり
長時間立ちっぱなしや座りっぱなしで負担がかかると、またぎっくり腰になる可能性もある事も伝え、
定期的にメンテナンスを行い、日頃の運動やストレッチ等アドバイスさせて頂きました。